解雇・競業避止義務に強い弁護士

法定相続分と、被相続人が指定した相続分

相続財産を遺して亡くなった人のことを「被相続人」と言い、相続遺産を受け継ぐ人のこ

とを「相続人」と言います。そして、被相続人が所有していた相続財産は、相続人に分配

されることとなります。相続人がひとりなら、相続財産は全て、そのひとりの人に承継さ

れるのですが、相続人が複数人いる場合は、相続遺産の分配の割合が問題になってきます

実は、誰が相続人になることができ、どの割合で相続を分配するのか、民法で定められて

います。相続人になれるのは、配偶者、子ども、直径尊属、兄弟姉妹、と民法で定められ

ています。配偶者は常に相続人となるのですが、それ以外の上記の相続人は、民法で順位

が決められています。第一順位が子ども、第二順位が直系尊属、第三順位が兄弟姉妹とな

っており、同一順位が複数人いる場合は、その人数で相続分を均等に割ることとなります

このように民法には相続人や割合が定められているのですが、被相続人の遺言によって、

相続人や相続分を指定することができます。これを「指定相続分」と言い、この指定相続

分がある場合には、民法の法定相続分は適用されません。ここで注意してほしいのが、遺

言以外での指定相続は、法的効力がないことです。被相続人の意思を尊重するためには、

必ず遺言を作成しておくようにしましょう。

相続問題のトラブルは司法書士や行政書士にも相談できますが、

問題になっているケースでは、弁護士に相談しなければなりません。

相続・遺言・遺産分割の悩み【実績多数】大阪で弁護士が無料相談を行っている法律事務所もあります。
こちらの法律事務所は、1時間の無料相談を受ける事ができます。

また相続問題を得意としている弁護士ですので、
たしかな知識と経験があります。

遺産相続問題の経験の少ない司法書士や行政書士に依頼すると、問題が悪化することもあるかもしれません。

⇒関連する労働問題|

⇒関連する労働問題|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す