解雇・競業避止義務に強い弁護士

解雇問題を弁護士に相談

解雇を通知すれば、従業員を解雇できるわけではありません。

従業員を解雇するには、解雇の要件を満たしている必要があります。

過去の判例でも、解雇を無効とする判例もあり、会社側が多額の損害賠償を支払うケースもあります。

リストラの際も、その従業員をリストラする要件が必要です。

人員整理だったら無条件に解雇できるわけではありません。

遅刻や欠勤が相次ぐ場合や、従業員が鬱病になっている、能力が低い、休職期間が長いなど

様々な理由がありますが、それでも解雇をする際は法律に従って解雇を行う必要があります。

中小企業の場合ですと、ややこしそうな従業員は必ずいます。

そういう人を解雇する際は、事前に弁護士に相談した上で解雇の段取りをする方が良いです。

弁護士でも解雇や労働問題、競業避止義務問題に強い弁護士に相談することがお勧めです。

弁護士の無料相談を利用して、解雇の6ヶ月くらい前から準備する事がひつようです。

⇒関連する労働問題|

⇒関連する労働問題|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す