解雇・競業避止義務に強い弁護士

競業避止義務は労働問題に強い弁護士に相談

企業法務に強い弁護士、一般民事に強い弁護士、刑事事件に強い弁護士、弁護士には様々な得意分野があります。

弁護士だから法律のことは何でも知っているわけではありません。

特に、競業避止義務や未払い賃金問題、不当解雇問題に強い弁護士は少ないです。

企業法務に強い弁護士でも、一般民事に強い弁護士でもありません。

弁護士の無料法律相談に行った際に、曖昧な答え方をする弁護士はいませんか。

普段取り扱っていない分野の相談をされるとよく分からないものです。

競業避止義務について相談したい。

従業員がクライアント、顧客を持ち出して近くで独立して困っている。

営業を任せていた従業員が、他の従業員に声をかけて皆で独立した。

このようになれば、会社は存続さえ危ぶまれます。

従業員の独立が一切許されないわけではありませんが、競業避止義務に反する独立は許されません。

どのような態様が競業避止義務に反するかは、個別に判断する必要があります。

競業避止義務に詳しい、労働問題に強い弁護士に相談されることです。

無料相談で受けてくれる弁護士もいるかもしれませんし、早めの相談で労働問題は解決されることが多いです。

⇒関連する労働問題|

⇒関連する労働問題|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

“労働問題 弁護士” への1件のフィードバック

  1. ヤマモト より:

    業務委託の担当者が在職中に、指名客の全部に独立先の電話番号や住所を押していた すぐ近所で秘密に開業することがわかった 未支払い賃金で清算させようと思ってます 賠償金という名目で大丈夫でしょうか

コメントを残す